glamb グラム

glamb
グラム

|

  • 設立年 : 2003
  • 創業/拠点 : 日本
  • デザイナー : 古谷 完
  • オフィシャルサイト : http://www.glamb.com/

BRAND HISTORY

2003年、古谷完によってブランド設立。親交のあったカナダのバンクーバーのショップでの海外プロモーションが評判を呼び、2004年に展開の拠点を日本へ移動。すぐさま、藤原ヒロシ氏が率いるfragmentのkojiro氏とコラボレーションを発表するなど、今日まで繋がる確かなポジションを築き上げる。2005年より年2回のファッションショーを行っていたが、シーンとのよりリアルなコミュニケートを求め、翌年より発信の形式をショーから古谷自らフォトグラフを担当するルックブックへと転換。以降、年4回のコレクションは200ページを越えるルックブックにより発表されている。さらには東京をはじめとする全国12都市で展示会を開催、その全てに古谷自らも足を運び、ストリートとの密なコミュニティを形成してきた。また従来のファッションに捉われないボーダレスな展開も特徴。HMVや資生堂とのコラボレーションや、映画『天使の恋』のファッションディレクションを執るなどドメスティックシーンを横断するクリエイティヴィティを発揮している。 古谷によって描き出されるワードローブはブランドコンセプトとなる「Grunge for Luxury」の通り、エレガントなエッセンスを散りばめたグランジスタイル。国籍やジャンルに捉われず古今東西のマテリアルからモチーフを拾い上げて、独自の解釈で新たなリアルクローズへと再構築する洋服作りに定評がある。そのクロスオーヴァーセンスはミュージシャンや映画監督などクリエイティヴシーンからの支持も厚い。また2010年より始められたダブルネーム企画ではG-SHOCKやレイバン、グローバーオール、コンバースといったアパレルファクトリーだけでなく、リサ・ラーソンや天童木工、amadanaといったカルチャーフィールドとも新たなプロダクトを発表。さらにアートシーンのよりアクティヴな在り方を求めて、国内の新鋭作家とともにアートプロジェクト『glamb presents 12 Emerging Artists Directed by Kan Furuya』を始動。ブランドの世界観はさらなる広がりを見せ続ける。

古谷 完 / ≪glamb≫デザイナーについて

2003年、東京にて≪glamb≫を発表。グランジとラグジュアリーを融合させたデザインワークでストリートの支持を獲得。2009年にはglace green <砂糖をまぶした兵隊> をコンセプトにレディースラインとなる≪Dress Bullet by glamb≫を発表。クリエーションは洋服だけに留まらず、2006年からは写真家としても始動。各誌にフォトシューティングを中心とした連載を持ち、本カタログのフォトグラフも自ら撮影を行ったもの。さらにブランド立ち上げ以前はカフェブームの火付け役とも語られる≪omni-cafe≫のオーナーであったなど多彩な経歴を持ち、幅広いフィールドを舞台に新たなるライフスタイルを模索するマルチクリエイターとしてシーンの期待を集めている。2012年より日本ツインテール協会会長を兼任するなどユニークな横顔も。

ARMS 新着アイテム